朝夏まなとに思うトップは光

8 コメント

こんばんは。
いよいよ宙組「王家に捧ぐ歌」が始まりました!
初日おめでとうございます\(^o^)/

それに合わせて今日のスカステは、まぁ様突撃リポート。
稽古場で一人デュエダンの振付を思い出し練習している体の(笑)まぁ様の元へ、
松風君と瀬音さんが突撃乱入。

2人が話している時のまぁ様、両手を腰にかけた姿が凛々しい。
まさに漢(笑)

色々な質問に答えていくのですが、
宙組トップスターとして心がけている事は?という質問に、
「いつも笑顔、いつも元気、太陽のようでありたい」と答えていた。

ご自分でそう答えるだけあって、このインタビューの間、
終始和やかに、時に豪快笑いをしながらハキハキと答えている。

素のまぁ様がどんな人か知る由も無いが、
インタビュー側の松風君と瀬音さんの顔を見ても慕ってる感が滲み出てるし、
色々な番組で見ても、その明るく誠実な姿勢は一貫して見える。

前から書いているように、申し訳なくも私がまぁ様ファンになったのはごく最近。
ちょっと前までは、まぁ様がトップで大丈夫かな〜なんて思ってた。
バカ、バカ、私のバカ〜。ごめんなさいよ〜(T . T)

銀河英雄伝説以来、少しづつ気になる人になっていて、
気づくとドップリその魅力に落ちていた。
いろんな場面で見る舞台以外のまぁ様が、
実に感じの良い爽やかな方でそこに惹かれていったのも大きい。

宙組に組替えになってからのまぁ様は、
与えられる役割が重くなったという事なんでしょうけど、
歌もグングン上達して別人みたいに上手くなったし、
長い手足を活かし、大らかな持ち味をいかんなく発揮しているように思う。

今の宙組を現すと?という質問に「勢い」と答えていましたが、
その勢いはまぁ様の性格によるところも大きい気がします。

トップ就任お披露目なんだから勢いがあって当然と言ってしまえばそれまでだけど、
組替えしてきた真風君ともみりおんとも相性が良く、
宙組いいな〜見たいなと思わせてくれる。

まぁ様を見ていると、トップというのはその組の光なんだなとしみじみ思う。

そういう事を思いながら各組トップを見てみると、
光り方や光の色に違いはあれど、組を代表する光のような存在の方ばかり。

一つの作品を観客が満足するまでの仕上がりにして舞台へ送り出すには、
相当強い光で組子を自分の元へ惹きつけて稽古場を盛り上げねばならないだろう。

舞台にのれば、誰よりも観客を惹きつける存在でなければならない。
全員で作り上げる舞台ではあるが、主役に魅力がなければ、
作品として成立しようもない。

容姿、芸、人格が揃い、強烈な光を放てる者だけが、
トップスターという重責を担えるんだなと思いました。

そんな光輝く朝夏まなと率いる新生宙組の「王家に捧ぐ歌」
大いに楽しみにしてますよ!!

病床で頑張るシエスタ様に捧ぐ。
一日も早くお元気になって下さいね(^O^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

明日初日宙王家に捧ぐ歌。うらら嬢頑張れ

14 コメント

こんばんは。
今日は凄い雷雨がありました。
暑い日が続くので恵みの雨で良かったです。

巻き取り型のホースが壊れてしまい、玄関のお花に水やる手間が面倒っちい。
ドライフラワー化しているお花を見てみぬフリしていたもんで、
お花さん良かったねと胸をなでおろしました。
胸が痛む位ならバケツに水汲んで水やりしろよと思うんですけどね(^◇^;)

明日はいよいよ宙組「王家に捧ぐ歌」の初日ですね!!
暑い最中、あの重そうな衣装で大変でしょうが、体力つけて頑張って欲しいです。

私は映像でしか見た事がなくて、生の王家を見るのは初めて。
いやが上にもテンション上がりますo(^▽^)o

まぁみりコンビの相性の良さもあるし、
驚くほどに歌が上手くなったまぁ様の気迫あるラダメス、
初演の瞳子さんに負けず劣らぬ歌唱力で愛を歌うみりおんアイーダ。
ムラの映像だけで涙が出てしまう2人でした。

コーラスが本当の主役というだけあって、
月組1789の総力あげてとも一味違う宙組全体の団結と迫力が映像からも伝わった。

王家の初演は主役三人にピッタリで、いずれが欠けても成立しなかったであろう。

今回の王家も当て書きかのような真ん中2人に加え、
うららちゃんという檀ちゃん級の美女も居る。
この三人が揃った奇跡で再演が可能になったと思う。
(最初は真風アムネリスとかあんのかと思ったけど)

ただ私も配役発表時から不安視していたうららアムネリスの歌唱力。
実際に見てみないと、自分が許せるレベルなのかわからないが、
評判が真っ二つに分かれている。

私がいつも楽しみにしているブログの方は、
うらら嬢の歌が不安定で船酔い気分になり、気の毒でいたたまれず、
一幕で帰ってしまったという。

そういう方も居れば、全部が全部歌えていない訳ではないし、
高音の一部は確かに弱いが、聞けないという程ではない。
圧倒的な美貌には説得力があり、演技も良かったという方もあり。

どう感じるかは、個人の好みも、観劇した日の体調もあり、何を求めて観劇するか、
など色々な要素が絡む。
だから人の意見を鵜呑みにして、見てもいないのを評価はできない。

でも、先日のエリザベートのように、明らかに未熟なものを見せられると、
観劇の楽しみが半減してしまうのは事実。
王家を途中退席してしまった方の心情が手に取るようにわかる。

歌うま大好きだけど、多少調子っぱずれでも役として成立してれば構わない私。
さほど歌だけに拘っていないし、映像見る分には美しく及第点と思うが、
うららちゃんには是非ムラ以上の奮起をお願いしたいものである。

美貌という点において、今宝塚の中で最もアムネリスに適していると思うし、
並みいる男役よりも良い役なのだ。
初演が大好きで再演を熱望していた方も多いし、
皆様が大きな期待を寄せている。

上手く歌えなかった怖れもあるかもしれないが、
恐怖やプレッシャーをはねのけて、
これが私のアムネリスだ!という自信を持って演じて欲しい。

頑張れうららちゃん!
もちろん、まぁみり他宙組のみんな頑張れ!!
楽しみに待ってるからねo(^▽^)o

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

スターダム初日映像

こんばんは。
昨日は一生懸命書い記事が、さわり序盤で全部消えて戻せず、
ひぃ〜と泣いていた私ですが、原因不明なまま。

なので今日も恐る恐る書いております。
ブチっと記事が尻切れとんぼで終わっていたら、
あ〜また消えちまって戻せず、
ヘタレてトンズラこいたんだなと思って下さいまし(^^;;

スターダムの初日映像を何回もみているにもかかわらず、
未だ全貌がわからぬ程ちなつ君ばっかり見てしまっている(^◇^;)

スターダムがオーディション番組のバックステージ物と知った時に、
FOXでやっている「アメリカンアイドル」みたいだなと思ったら、
アメアイからインスピレーション得たみたいですね。

毎年お正月過ぎるとアメアイ始まる!!と、
いつも旦那と賭けをしながら(すみません…)見ていました。

スターダムの舞台であるオーディション番組は、視聴率が上がって続投するのかな?
スターダムの方はどうなるのか知りませんが、
本家アメアイは来年終了してしまうそうです。残念だなぁ。

オーディション番組が舞台というのは、今回のスターダム組のような、
若手中心のチームに持ってこいの内容だと思う。

発展途上の子達が出てくる訳だから、ちょっと未熟な部分があっても、
それがリアリティを呼ぶだろうし、うまい事考えたと思うわ。

もっとも、初日映像見る限り、未熟という感じは全然なくて、
若くフレッシュな熱気が舞台いっぱいに広がって弾けてましたo(^▽^)o

中でも亜蓮君は目だつお役で、一気に人気出そうですね。
映像では見れませんでしたが、劇中英語で歌う歌も亜蓮君なんだってね。
くり寿ちゃん共々オーディションでソロ勝ち取ったらしいです。

花組には期待してる帆純君や聖乃さんもいるけど、
この初日映像見たら、ちょっとあの子誰?と気になる子ばかり。

まだ、ちなつ君ばっかり見てて、やっとマイティにいけた位で、
まったくもって追いつけてないんだけど、
カッコ良い子や可愛い子が盛りだくさんなのはわかったわ。

スターダムは見に行けない事が確定しているので、
星逢ネタバレ回避とは真逆にネタバレ大あさり(笑)

米ネタバレ入ります

ちなつ君がマフィア一家の養子だとか、
三ヶ月の命云々はマイティのお父様の事だとか、
色々わかって成る程成る程と見た気になってます。

稽古場映像で想像したのは、ちなつとマイティが一緒に亜蓮君救出に向かう
でしたが、マイティがオーディションを抜けるのはお父様の為だったのね。

内容漁ってから初日映像見直すと表情の意味などがよくわかった。

まぁ意味なんかひとっつもわからなくても同じだろという程に、
ちなつ君とマイティの一挙手一投足見てるだけですがね(⌒-⌒; )

しかし、ちなつ君のスタイルは神スタイルですな〜(#^.^#)
足が長いのはわかってたけど、高いブーツも履いてないのにあの長さ………。
しかもめっちゃ細いんだけどカッコの良いまっすぐな足なのよね〜。

ダンスはお手の物で素敵な事は当然として、歌も頑張ってる!

いぶし銀系のスターで、初の真ん中な訳だけど、
しっかり真ん中感があって堂々としてる。
キラキラというのとは違うけど、スターオーラもあるし、
トップになっても遜色ない人材だと思うの。

たくさんトップ候補生がひしめいてるけど、
遅い就任で構わないから、むしろその位が魅力全開だと思うんで、
候補の1人として益々上がって欲しい!

個人的なツボは途中の喧嘩仲裁シーンで、
「殴って何を教えるんだ、きかないから殴るのか、
この独りよがりの牛野郎が」と言いながらパチっと殴るとこ。

え?そんなとこ?だと思いますけど、なんちゅうかリアルな叩き方がツボ(笑)

平手打ちシーンとかだとさ、こう構えた感じでパチっといきそうじゃない?
それがすごいアッサリ、パチっといくわけ。
ハリーの芝居の世界観を理解してるセンスの良さを感じる。

あとフィナーレで出てきた時の両手指差しからの片手あげ。
何なの何なのあのリアル男子ぶり〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

その後のターンも二回目の片手あげもゲロッピカッコ良いんだけど、
最初の片手上げのカッコ良さ半端ねぇ!!

アントニオ猪木に一発ビンタ食らってみたかった私ですが、
今後はちなつ君のビンタを渇望します(笑)

挨拶もしっかり言うべき事を言い、爽やかで臆さず出しゃばり過ぎず絶妙。
で、マイティにも挨拶させる優しさ。
良い人ね〜おばちゃんは感激だわ(T . T)

何とかここまで保てたようね。
更新したら消えてるとかねぇだろうな。

エイ!

おー大丈夫だった。良かった(o^^o)

でもいつ何時消えるかわからないから、
今日はこのへんで失礼します。

スターダム組、残り後半も頑張って下さいね(^O^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

星組次回演目発表きた!

13 コメント

こんばんは。
今日も暑いですね〜。
食欲はないのに、ご飯を目の前にすると普通に食べてしまうのは、
むしろお代わりしてしまうのは一体どういう事なんでしょうね?
己の胃袋と一度とことん話し合いたいものです(^◇^;)

本日ドキドキして待っていた星組の次回演目が発表になりました。

オペレッタ「こうもり」谷先生
「The Entertainere」野口先生大劇場デビュー作

だそうです。

何故ドキドキしていたかと言えば、遅い就任であるみっちゃんなので、
あまり長くトップをやるとも思えず、かと言って、
次で退団なんて事は絶対イヤだし、
演目見たら、何となく雰囲気で退団か否かわかるかなと思ってさ。

で、演目見た結果、全然わかんないや(^^;;

ショーの方が野口先生デビューって事で怪しい感じはなきにしもあらずだが、
「こうもり」軽喜劇で退団もないかなと思うのでプチ安心でいいのかな?

両演目の解説一読するに、芸達者なみっちゃんにピッタリの演目のよう。

「こうもり」は有名なオペレッタらしいですが、
無知なわたくし、題名すら知らず、内容検索してみました。

騙す方と、騙されてお返しする方と、軸になる二つの役の内、
どちらがみっちゃんで、どちらか紅子様かはまだ判断つきません。

原作をどのように弄るかわからないので、
風ちゃんが奥様役なのか、小間使い役なのか、姉役なのか、
はたまたエリザベート皇后役なのか?
これもよくわかんないね。

どうでも良いけど、原作変えてまでエリザベート皇后出すって何?(笑)
パロディ扱いなのか、リスペクト扱いなのか、
宝塚ファンにお馴染みの役どころ出すサービスなのか?

本公演なので、舞踏会の場面とか色々そちら側を豪華に広げて、
役を増やしたいのかな?

ルパン三世や1789のアントワネットみたいに、
今までとは違うエリザベートの書き方されるんだろうか?
どうせならちょっと視点の違うエリザベート皇后でお願いしたい。

って、よく調べもしないで書いてて、エリザベート皇后というのは、
エリザベートのシシィでいいんだよね!?と冷や汗。
(一回閉じて調べるのが面倒っちいのでそういう事にしとく。
違ってたら笑って許して^^;)

うわ〜何故かわからないけど、この下から全部消えて戻せない(T . T)
1時間書いた物がパァ…………(。-_-。)

もう一回書く元気が出ねぇ………(T . T)
えっらい中途半端ですが、唐突に終わります。

いやそれもあんまりか。意味不明で終わるもんな。

要約すると

娘役にも原作通りなら幾つか美味しい役があるらしいので、
風ちゃん以外の配役が楽しみだ。

オリジナルの役があるかもしれず、カイちゃん琴ちゃんがどういう役どころなのか、
とっても気になる。
どちらにも見せ場があるといいな。

こうもりは明るい楽しいドタバタ喜劇みたいなので、
いかな谷先生でも誰も死なんな(^◇^;)

みっちゃん紅子様のアドリブ合戦が楽しみ過ぎて怖い(笑)
やり過ぎは困るが、みっちゃんなら絶妙な匙加減で遊んでくれるだろう。

ショーはタイトルからして、みっちゃんそのもの。
色んなジャンルの曲ぶち込んでくれるそうなので、
星組生の魅力満載みたいで嬉しい!

102期生の初舞台でもあるし、豪華で楽しいショーになりそうねo(^▽^)o

このような事をダラダラ書いておりました。
箇条書き風にしたらあっと言う間じゃねぇか( ̄▽ ̄)
何をモタモタ書いてたんだかよ…。
後は何を書いたか忘れちゃった(^^;;

とにかく、両演目共にみっちゃんの魅力が溢れる作品になりそうで、
すっごく楽しみですね!!

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

東宝エリザベート感想続き

6 コメント

こんにちは。

今日は蘭はなちゃん以外の事を書くつもりですが、
一部引き続き蘭はなちゃんに触れる部分がございます。
イヤな方はここでお戻り頂けますようお願い申し上げます。
また違う話題の時に覗いて頂けましたら幸いです。

私はupした記事を後悔しても、なるべく削除や内容は修正せずに、
そのままにしておく主義です。
誰かを極端に傷つけてしまったり、明らかな間違いや誤解があれば別ですが、
それが一度お読み頂いた方への礼儀だと思っております。

舞台の感想につきましては、お金を払った対価として、
批判する権利もあるかと思います。

人格否定にならないよう気をつけておりますが、
ファンの方、演者の方のご気分を害される事があるかもしれません。

昨日の記事も蘭はなちゃんファンの皆様には申し訳ない批評になっております。
でも、今日も褒める事はできません。

重ね重ね申し上げますが、批判している記事をお読みになりたくない方は、
どうぞお読みになりませんようにお願いいたします。

ここから

2日に渡って批判するほど蘭はなシシィは酷いのかという話ですが、
私は期待をしていったので、ガッカリ感が半端じゃなかったんです。

姪に素晴らしい舞台を見せたかったし、
お花様シシィという選択ができなかった不運を嘆くばかり。

Wキャストというのは長期の公演による身体的疲労を軽減する意味と、
違う役者による別の味わいを楽しむ意味があると思います。

どういう配役であろうとも、同じ金額で上演するのなら、
好みが分かれるという事があっても実力拮抗する配役であって然るべきです。

トート役の城田、井上Wキャストはまさにそうで、
どちらが好みかは個人の嗜好であって、仕上がりとしては甲乙つけ難いと思う。

今回のシシィほど出来に差が生じてしまうと、
興行としてWキャストが成立しているとは思えません。

ですから私は蘭はなちゃん自身を叩くより、制作側の責任をこそ問いたいです。

どなたの感想だったか覚えていないのですが、
蘭はなちゃんシシィのやりたい事はわかったが理想に追いついていない
という感想を読みました。
昨日観劇し、その方の仰りたい事がよくわかった気がします。

蘭はなちゃんのシシィのやりたい事、理想とする目指した完成形を、
伺い知る事はできました。
一部成功している部分から垣間見える東宝エリザベート蘭はなシシィの完成形。

やんちゃな少女時代を経て、愛と自由を渇望し、絶望するシシィ。
それでも何かをやり遂げたくて生きる選択をし続ける。
夫も子供も愛しているけれど、自分自身の欲望と愚かさから抜けられない。
義務を理解しない訳ではないけれど、
自己愛とエゴが強くて現実を受け入れられなくていつも心で葛藤してる。
最後に死が訪れた時、やっと自己を解放し自由を得る事ができた喜び。

私が感じた、蘭はなシシィがもし歌を歌いきる事ができたなら、
そういうシシィであったと思う姿です。

実際どういう役つくりしてたかなんて知らないし、
勝手に私が作り上げている蘭はなシシィの完成形の想像です。
すっごい的外れかもしれないのでそこはご了承下さい。

演技としては晩年のシシィが良かったが、いかんせん声色を変えているだけ、
背中を丸めているだけ程度の薄っぺらさを感じ、
極端に演技をすればいいってもんじゃないでしょという感じ。

花組エリザベートのシシィでも若干そういうきらいがあったけど、
一幕目の出来も悪くなかったので自然に見る事ができました。
今回は一幕目があんまりにも残念なので、二幕目以降持ち直したとは言っても、
演技が極端に違い、不自然さを感じてしまった。

若く美しい女性だけの劇団では通じた演技だが、
本物の男性、年齢層も幅広いキャストに囲まれると、
蘭はなちゃんの地の若さと青さが演技に出てしまっていたように思います。

あと一年、二年研鑽を積んで東宝エリザベートに挑戦していたら、
きっと結果は違ったものになっていたであろうと思うと、
今回のキャスティングが蘭はなちゃんにとって幸か不幸か微妙なところ。

成功していた一部分を評価できるとは思うので、
もったいない残念という思いが逆に強いです。

聞くに耐えないというよりも、いたたまれず聞いていられないという感じで、
怒り心頭ではあったが、もう気の毒で気の毒で頭抱えてしまった。
登場第一声からカマしたので、暫くマイクトラブルなのかと本気で思った。

次回のエリザベートのオーディションを受けた方が良かったと思うな。

蘭はなちゃんシシィで気がそがれ、城田トートを味わい尽くした気がしないが、
城田トートはやっぱり超美しく、歌もめちゃくちゃ良かった!!

前に手の振りを見て欲しいと書きましたが、
城田トートが手を動かす度に狂う歯車。ゾッとする怖さがあります。

クールな表情に力強い歌声。時折見せる拗ねたような寂しそうな笑い。
何を取っても私の好みジャストミート過ぎてため息しか出ない。

少年ルドルフとの出会いで小首をかしげる姿、
容赦ない表情でピストルを向けながらフッと力を抜く姿、

最高潮に達していたのが青年ルドルフとの絡み。
三回目となる京本ルドルフですが、昨日の演技は実に秀逸で、歌も凄く良かった。

昨日の城田トートも歌が絶好調に良かったので、
この2人の絡みは見応えある、緊迫感溢れる素晴らしい場面になっていた。
見目麗しいトートにルドルフ。

迫力あるダンサー達とのダンス。
この2人の絡みが見られただけでチケット代金分は楽しませて頂いた。

正直言って、冷えた客席のムードを少しでも上げようとするせいか、
シシィ以外どの役もとても熱のある歌を聞かせてくれた。
公演も後半にさしかかり、出演者の円熟度も増しているという事でしょうか。

剣さんゾフィの気高さ、国を思う皇太后としての思いなど、
今まで以上によく伝わり、ゾフィのソロは本当に良かった。

田代フランツは初見でしたが、歌は上手いので文句なし。
感情がストレートに伝わる良い歌だったのですが、
どうしてもどうしても見た目が…………。
思い切って作り込んだ晩年のフランツですが、
童顔田代君にはあまり似合っておらず違和感を感じてしまった。

歌も演技も文句なしなのに、私はもう一度見るなら佐藤さんかなと思ってしまった。
これはもう好みとしか言いようがないです。
どちらが上手かったと思うかと言われたら田代さんと思うんだけどね〜。
うーんもう一回田代さんを見ないと判断つかないかな……難しいわ。

ルキーニの松也君。
初見と大きく違ったのは弱かった裏声を全て回避。
地声を張るのではなく、メロディの方を変えていた。

楽曲そのもののイメージは損なってないし、
下手な部分を回避するのも一つの選択として有りだと思う。

松也君のメロディ変更を見たら、
益々何故蘭はなちゃんシシィは宝塚エリザベートの歌唱をさせないのかと、
腹立ちが大きくなった所以でもある。

こちらも好みだと思うが、山崎ルキーニが変幻自在に舞台を操る感じに対し、
少し一本調子かなという気がしました。
声も姿も良い若手さんなので今後もルキーニを続投し、もう少し掘り下げて、
山崎君と双璧ルキーニになってくれたら良いなと思いました。

こう書いてみると、そんなに怒らなくても、
十分楽しかったんじゃね?という気持ちになってきました。
とにかく城田トートがカッコ良い!!
それだけでも行った甲斐はあったと思う事にします。

姪を城田君と握手させたくて帰りに三人で出待ちして来ました。
夜の部は皆さんサクサク出て来られるのであまり待ちません。

前回城田君を待つのはエレベーター付近と勉強したので、
エレベータ前で待っておりますと、最初に松也君が出てきました。

スーツにネクタイという出で立ちで驚いた。
舞台後も仕事があったのでしょうか。大変ですね〜。
仕事があったかは不明ですが、急ぎ目な感じだったのに、
サインも写真も応じてくれるサービス満点ぶり。

いいな〜と思って遠目に見ていたが、皆さんに応じてくれているので、
思い切って姪を引っ張っていき3ショット撮って頂きました。
松也君どうも有難うございました!

間もなく城田君の登場で一気にテンションmaxな姪と私。
黒いTシャツ黒い半ズボンというラフなカッコの城田君ですが、
それが又カッコいいのなんの❤

不調で観劇できなかった母が作った城田優君と書いた紙を持ち、
とりあえず胸のところにかざして待つ。
姪はイヤだったみたいだし、私だって恥ずかしくてイヤだったけど、
母の想いが入ったプラカード持たない訳にはいかない。

いよいよ城田君が目の前に!!
「これは今日来れなかった城田君大ファンのお婆ちゃんが作りました。」
と言うつもりが、緊張しまくり、
「お婆ちゃん」と言いたかったのにばぁやが作りましたと言ってしまった(^^;;
ばぁやの居る家の奥様に見えんやろ(笑)

わかったかどうか、城田君「あっそうなの?」みたいな感じでニコニコ握手。
すっごい幸せで倒れそうになった\(^o^)/

お手紙を書いてきた姪が震えながら手紙を渡して握手。
すかさず、「次のジュリエットを演ります!」と姪を指す私。
またもや「あっそうなの?」みたいなニコニコ顔の城田君。

そんな訳はないです。言ってみただけです(^◇^;)
多分声が上ずりまくっていたので何を言ったか聞こえてないと思う(笑)
「ジュリエット」だけは聞こえたようだが意味不明だった事でしょう。
調子こいてすみませんでした(⌒-⌒; )

で、夕飯を食べに行こうと出待ちを終えて歩き出す私達。
気づくと姪が震えて泣いている!
慌ててどうしたのか聞くと、
「本当に手紙を渡して握手できるなんて思わなかった。」と。

うわっうわっ我が姪ながらなんて純真で可愛いんだ!!
腐れおばばの私なんて、超カッコ良い!超嬉しい!手洗わないとか、
キャーピー騒いでいるだけなのに、緊張が解けて嬉し泣きとは!

急に泣き出した姪にアタフタしていた弟もこれには苦笑い。
「何だよ〜お前も女子になっちゃったんだな〜
そうか〜もう一人前に女子なんだな〜」とつぶやく弟の背中に哀愁が…
娘の成長は嬉しいが、父としては寂しい気持ちもあるよね。

そして夕飯食べるために移動した日比谷は月組千秋楽の熱気が残っていて、
白装束の方や出待ち終わりの方がチラホラ。

もう9時過ぎてたし、シーンとした寂しい風景かと思っていたので、
千秋楽名残が何となく嬉しかった。

予約していたお店に近づくと、明らかにジェンヌさんと思える後ろ姿有り。
通りすがりにチラっとお顔を見たら翔我つばき君である!

舞い上がった私、思わず「翔我さんですよね!」と声が出てしまった。
びっくりしながらも「はい」とニッコリ微笑んで下さった翔我君。
側でみるとスタイル良くってやっぱり綺麗。

微笑んで頂いたのが嬉しくって、運動会の椅子取りゲーム凄かったと言おうとし、
「運動会見ました!!椅子、椅子、椅子、えっと車椅子じゃなくて、
あのあの!優勝おめでとうございました!!」と訳のわからん声をかけ、
ブンブン手を振って通り過ぎた。

椅子取りゲームが出てこないってどんな馬鹿なの私?(T . T)
しかも言うに事かいて、なんで車椅子!?
縁起でもない。
1789の兵士の場面とか、言うべき事は他にもあっただろうよ(T . T)
人間(私だけか)舞い上がると何をしでかすかわからないものである(笑)

最後まで微笑んでいて下さった翔我君有難うございました。
お馬鹿な声かけて本当にごめんなさい!!

エリザベートの内容には不満が残ったものの、
楽しい姪との夏休みの一日となりました。

何か最後は観劇感想から外れちゃってごめんなさい!!
次回は6日王家に捧ぐ歌初見の予定です。

8月は王家と貴婦人の訪問しか観劇予定がなかったのですが、
どうしてもエリザベートのリベンジがしたい!
城田&お花様のチケット探すか、当日券で並ぼうかと思ってます。
頑張るぞーp(^_^)q

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

蘭はなエリザベート感想

19 コメント

こんばんは。
本日姪と弟とエリザベート観劇してきました。
不調の母のピンチヒッターで弟が代理観劇。
なかなか父と娘で出歩く事もない為、
どちらにも良い夏の思い出になってくれたかな。

城田君の大ファンである姪の為に何公演か押さえていたのですが、
姪の都合のつく日に観劇するしかなくて、シシィ配役他、
城田君以外の配役は二の次三の次。

姪も楽しみにしていたし、弟もミュージカル見るの初めてだし、
普段私が何故姪にミュージカル見せたがるか、
日本のミュージカルの最高峰を見せ、ドヤ顔して説明したかった。

お花様シシィであればドヤ顔できたと思うが、
蘭はなシシィのおかげで本当はこうじゃないのと言うはめになってしまった…

今書き終わってまた上に戻ってきました。
かなり辛辣です。
イヤな方はスルーしてくださいますようお願いもうしあげます。

ご注意
ここから本格感想

私は蘭はなちゃんが嫌いではなかったし、宝塚在籍時には、
誰が何といおうと可愛い娘役だと思っていたしダンスも大好きだった。
花組エリザベートのシシィもとても良かったと思っている。

とは言え、帝劇エリザベートのキャスティング発表には心底驚き、
宝塚では良かったが、帝劇ミュージカルのタイトルロールがつとまるのか、
少し荷が重すぎやしないかと危惧していた。

評判もあまり良くはなかったし、かなり不安を抱えての観劇だったが、
残念極まりない感想を書くしかない非常に不満な出来であった。

一言で言えば、同じ演目を見たとは思えないというレベル。
二幕目がマシだったので何とか許せるが金返せ!と言われても仕方ない。

とにかく演技がどうの音程がどうの以前に、
あんなに声がひっくり返り、声が出ないんじゃ話にならない。

蘭はなシシィを私だけは何とか褒めたいと、
全面的に応援する気持ちで見ていても尚褒められない悔しさ。

ご本人もさぞや悔しかろう。
もっとできるはずと本人だって思っていたに違いない。

でも一番悲しいのはお金を払って見ている観客だ。

コロコロひっくり返る声、不安定な音程に、
さすがの私も途中本当に頭を抱えてしまった。
文字通り頭を抱えてしまったのだ。

花組エリザベートは思い返しても悪くなかった。
どうしてあそこまで違ってしまったのか。

私の持論であるミュージカル歌唱地声絶賛反対を再度訴えたい。
あんなに音が外れる位なら、うまく切り替えできないなら、
鍛えた綺麗な裏声を駆使しろ!

ヒョロヒョロした裏声はもってのほかだが、
美しい力のある裏声なら構わないじゃないか。

そういう声を出せない配役するなというのが基本だと言われるだろうが、
それに反対もしないが、昨今のミュージカル歌唱とはこうあるべきも、
どうかなと思っている。

ウタコさんの歌だって地声にこだわるから少し外れてしまうんで、
もう少し歌唱の幅が許されるなら見事に歌えたように思う。
本日三回目の剣ゾフィであったが、今日の演技は最高に良かった。

同じ歌が残念でも、蘭はなちゃんと比べるまでもない演技力。
歌えている部分の歌唱力は素晴らしく、
多少音が外れてもゾフィ自体が残念な配役という感じは微塵もない。

蘭はなちゃんシシィのキャスティング自体が無謀であったと思わざるを得ないが、
配役した以上、ベストのものを見せる努力をすべきだ。

蘭はなちゃん自身を責めるのは簡単だし、本人の実力不足に他ならないが、
制作サイド、小池先生の責任も問いたい。

外部ミュージカル歌唱にこだわるよりも、
出来ないなら花組エリザベートの模倣、繰り返しを許すべきだった。
辛うじて歌えているのは宝塚娘役のような声で歌う部分のみ。
上手くいっているところは何とか綺麗な歌声だった。

声を張れている部分もあるにはあるが、綺麗な歌声とは言い難い、
ヤケクソ気味のがなり系歌唱に聞こえた。

花組エリザベートを見て感動していた姪も、同じシシィ役の人なのに、
どうしてこんなに違うの?と真面目に聞いてきた。
私の方が聞きたいよ(T . T)

13500×3枚+手数料ものお金を払って、
最高の夏休みの思い出をプレゼントするはずが、超ガッカリする辛さ…(T . T)

ダメだ、今日は辛辣な事以外書く事ができないようだ。

せめてもの救いは、二幕目は大分持ち直し、
夜のボートは聴かせる事ができていたこと。

そこでホッとしたのも束の間、最後の最後に又かまされた。
涙のひとっつも出ないエリザベート、
城田トートを以てしてものめり込めないエリザベート。

1番良かったのはトートとルドルフの闇が広がるあたり。
蘭はなちゃんが出ないシーンは舞台の空気感がガラっと変わった。

ここまで残念な感想を書くとは思ってもいなかった。
辛辣過ぎて明日訂正記事を書くかもしれないが、
これが本日観劇の今の正直な気持である。
残念より怒りが勝っている。

まぁ姪も弟も蘭はなちゃん以外は良かったし、とても面白かったと、
喜んでいたので少しは報われたようでホッとした。

救いようもないほぼ悪口でごめんなさい。
ご気分を害された方にはお詫び申し上げます。

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

月組1789感想続き

4 コメント

こんばんは。
今日は隅田川の花火大会だったそうで、
TV鑑賞して夏らしい気分を味わってみました。

大安売りのカットスイカを買っていたので、
スイカを食べつつ、クーラーが効いた部屋での花火鑑賞。
日本人で良かったと思うひとときでした。

ところで犬も花火が好きってあるのでしょうか?
黒いちっこいのあらため黒いブっとい愛犬2ちゃん(一応女)
生意気にクッションの上に両手を乗せ、その上に顎をちょこんと乗せて、
一心に花火を見ている。

適当に見てるだけかと思い、顔の前に手を出して邪魔してみたら、
見えないよ!とばかりに、かざした手の下や横へ顔を動かして、
ひたすらTVの花火を追っている。

うちの子って犬にしては情緒あるって思わない?と、
旦那共々鼻プクプク膨らませてはしゃぐ馬鹿夫婦でありました(笑)
実際花火を楽しんでいたのかどうかは愛犬2のみぞ知る。

ちなみに情緒もへったくれもない生きる器のせまい愛犬1。
愛犬2に小意地の悪い嫌がらせするのにも飽き、お菓子も出てこないので、
グゥオーーーーという鼾を響せ大股開きでただただ爆睡(-。-;
こいつだけは……………と愛犬1を見ないようにする2人であった。

今日スカステではスターダム初日映像という爆弾映像があると思うのですが、
例によって例の如く旦那がチャンネル握ってゴルフ番組見てしまい、
一向にスカステ見るチャンスが巡ってこない。
毎度の話ですが、寝やがれ寝やがれ寝やがれ〜と心の中で呪文唱え中。

なので今日も1789の感想を引き続き書きたいと思います。
昨日、まさわかちゃぴの事を書いたので今日は違う方の感想へ。

この公演は見直すだの魅力に開眼だのが多い公演でして、
初見の時にも書きましたが、いきなりのかちゃ落ち!
気の迷いかと思いましたが(かちゃファンの皆様ゴメンね)
何度見ても、いや見れば見るほどにカッコ良さが増す感じ(#^.^#)

元々歌は上手い方かと思いますが、身体同様声も男役にしては細い印象で、
スタイル抜群なのに、それが上手く魅力に繋がってない気がしてました。

そう思っていたのは私だけかもしれませんが、
女役が多くて何だか不憫だな〜とか、
判官贔屓のような気持で応援したくなっても、
男役として凄く魅力的だとも思えていなかった。
(重ね重ねかちゃファンの皆様ゴメンね)

私の目はいつも節穴だからなんですが、
この1789で、男役凪七瑠海ここに有り!という存在感を初めて感じました。

ダンスの決めもピシッとカッコ良く決まるし、
細すぎるというのは変わらないのに、
今回は上手くスタイル抜群の方向に見えてバッチリd(^_^o)

何よりも声に男役感が溢れていて、とても聞きやすく痺れた。
声が太くなったという程ではないのに今までとは何かが違う。
かなり歌唱レッスンを積んで声を鍛え上げてきた気がします。

こうなると、次回また女役というのがとても勿体無いというか、
何でまた?という思いになる。
そりゃヒロインだし、轟さんの相手役だし破格の扱いなのかもしらんが、
一体かちゃをどうしたいの!?と思ってしまう。

まぁせっかく演じるのだから、存在感と演技力でアッと言わせ、
また本公演で素敵な男役として戻ってきて欲しい。

でもなぁ旬の男役に女役ばかり振るってどうなのよ…
星組の琴ちゃんもそうだけど、女役演らせて勉強になる時期過ぎてやしないか?
2人とも好演するのはわかってるし、見りゃ素敵と思うのもわかってるけど、
なるべく若手の内に女役の大役はやらせ終わって欲しいな〜。
男役見られる時間は限られてるんだからさ。

あら、何だかかちゃだけでえらい長くなってしまったわ(^^;;
巻でいかなきゃ(笑)

みやちゃんのアルトワ伯はみやちゃんの役の中でもヒットよね!
見目麗しい野心家で、エロい歌も事なげに妖しく歌いのける。
まさしくみやちゃんの為の役という感じにピタリと嵌った。

低音ボイスが心地良く、客席一同媚薬でヘロヘロみたくなる(笑)
危険が迫ればサクッと撤退するヘタレぶりも、機を読む才覚に見えるし、
将来国王になるのも納得できる。

フィナーレで悪役から一転、キラキラ衣装でキラキラ笑顔で、
宝塚を体現して登場するみやちゃんに芝居とは別にまたノックアウトされる。

みやかちゃたまきちが今後どうなるかわからないけど、
みやかちゃに二番手羽根でも三番手羽根でも何でもいいから、
羽根を背負わせてあげたいよ!

ちっとも巻いてないが今日中に終わるのか?(笑)

で、みやかちゃと熾烈な番手争い真っ只中のたまきち君。
本人がどう思おうと現状そうなっちゃってるんだから仕方ない。
どうせそうなんだから、遠慮せずにもっともっと前に前に出てくりゃいいと、
少し歯がゆく思う時もありましたが、
ロベスピエールではガッツリ前面に出てきてました。

男役声を調整してる最中のかすれ声かなと初見で思いましたが、
昨日もかすれ気味ではありますが、良い感じの男役声に仕上がりそう。

ボディパーカッションをたまきち君1人で始める事にした振付の先生グットジョブ!
逞しい身体から迫力ある音を鳴らして繰り出されるパーカッションにゾクっ❤
最初のたまきち君の迫力に先導されるかのように、
全ての生徒さんが迫力あるボディパーカッションを見せてくれる。
あの場面はたまきち君の名場面として後々まで語り草になると思います。

そして忘れてならないマギーの好演!
この野郎と思うのだけどムチ打たれたくなるカッコ良さ。
この公演で月組卒業しちゃうなんて…。

でもマギーにとっては、各組で存分に暴れるチャンスでもあると思うし、
専科に回るのマギーにとって悪い事だとは捉えていない。

勿論専科っていうのは実力ある生徒さんのみが配属される、
ある意味宝塚を背負う集団だし、行きたくとも行けぬ誇るべき場所である。
ぜひ今後もぶっ飛び敵役から温和なおじ様、素敵な二枚目まで、
マギーの魅力をブンブン振りまいて欲しいと思います!

巻いても巻いても終わらないわね。
更に巻でいきます。

美城ルイは当り役で今までの宝塚作品史上最高に似合ってると思ったし、

印刷工という最初はムっとし役不足な配役に思えた、
とし君、ゆうき、からん、まんちゃんだけど、
彼らの説得力ある演技が作品を押し上げていたと思うし、

難しい役どころのネッケルを難なく演じたるう君も立役者の1人だと思う。

残念ながら私はみくちゃんソレーヌしか見る事ができず、対比はできない。
みくソレーヌだけ語れば、wキャストにしてまで与えられた役を、
期待にたがわず頑張っていたと思う。
演技力もあり、うらぶれた感じがよく出ていました。
はーちゃんソレーヌも見たかった。

そして宝塚らしからぬ作品を、宝塚っぽくなるところまで、
持っていった小池先生も素晴らしいと思う。

宝塚らしくないという批判もあるというが、
私は決して宝塚らしさを失っているとは思わない、
どこがいけないのか逆に聞きたいわ。

番手だって崩してないし、
むしろ外部ミュージカル好きの方をも唸らせる、
良い意味でなら宝塚の枠を越えた迫力ある総力戦だと誇らしく思う。

あーもう触れてない人多すぎ。
ゆりや、あーさ、まゆぽんの思い切り良い三枚目ぶり他、
本当にみんなみんな素晴らしかった!!

触れてない全ての組子さんの熱演があってこその舞台で、
月組全体にブラボーを捧げたい。

明日の千秋楽まで勢いそのまま突っ走ってくれ!
月組頑張れ!!
素晴らしい舞台を有難う\(^o^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

最後に二階から見た1789が素晴らしかった!!

8 コメント

こんばんは。
先日の記事の母の不調についてお見舞いの言葉を頂き、
どうも有難うございました。
コメントのご返信が遅れてしまっております事をお詫び申し上げます。
なるべく早くご返信させて頂きます。
こんなブログにコメントをお寄せ下さったのに本当に忙しぶってゴメンなさい!

本日最後の1789の観劇して参りました。
最初にして最後の2階席からの1789観劇でしたが、
皆様が一度は2階席から見るべきと仰っていた意味がよーくわかりました。

2階席からだとフォーメーションの美しさや舞台の奥行きがよく見えて、
生徒さんのお顔釘付けにならない分全体像をじっかり味わう事ができました。

一階前方で観劇した時とは一味違う迫力。
この1789は月組総力あげての群集劇ですが、
民衆が結束するところなどグワっと全体が迫ってくる圧力感が凄い!

今日もまさお君は絶好調!
この公演でまさお君の魅力をあらためて認識しましたが、
本当にあの楽曲をあのパワーで歌い続けたまさお君に脱帽です!

艶のある声は今日も健在。
どの楽曲も聞かせどころを決して外さない(音だけでなく)
これは生半可な歌唱力じゃないです。
ミュージカルの歌は歌でもあるが台詞でもある。

今回のまさお君は独特の癖も、ロナンの感情となって伝わってきたし、
節が独特の色気ともなっていた。

申し訳ないけど、今まではまさお君に、
王子様でもヒーローでもトキメクという感情はなかった。
歌上手いなとか、スタイル良いなとか、カッコ良いなと思う事はあっても、
きゃーっみたいな感じにはならなかった。

でもこの農民の息子のロナンの役のまさお君に初めてトキメキを覚えドキドキした。
今日のオランプはわかばちゃんだったのですが、
まさお君にトキメイたのはわかばオランプの魅力もあったのかもしれない。

ちゃぴちゃん大好き!!!の私であるが、
この1789のまさお君わかばちゃんの並びがとても良かった!

始まる前はオランプがちゃぴじゃない事に激怒し、
わかばちゃんの歌でヒロインできるの!?と言ってた私。
土下座でお詫びしたい。

最初にわかばオランプ見て凄く嵌ってると思い、
二回目三回目は美月ちゃんオランプで、
美月オランプもどんどん感情が表にでるようになって良いなと思った。

今回時間を空けてのわかばオランプでしたが、
初見より更に更に良くなってる!
見た目は元々華やかな娘役さんだけど、演技も歌もちょっとなイメージだった。

いやもうね、今日のわかばオランプめちゃ好きよ。
可愛らしくて一生懸命なオランプを身体全部を使って豊かに表現。
アルトワ伯がご執心になるのも納得できる。

歌もとっても良くなって、まさお君とのデュエットもよく聴かせた。
わかばちゃんが娘1になるには実力不足と思ってきたけど、
もし万が一ちゃぴちゃんが近い内に退団するならば、
わかばちゃんが後任であって欲しいと思いました。

ちゃぴちゃんと言えば今日のアントワネットも素晴らしかった!!!
何かね、ちゃぴちゃんはもう宝塚娘役の枠を超越してる感じ。

あんまり切なくて美しくて、最後のソロなんて涙目とかじゃなく、
ワナワナ震えてしまう位感動した。
涙拭くのも面倒だから滂沱の涙流れるままボケる目でオペラがん見。
声の伸び、説得力、何を取っても最高としか言いようがない。
ちゃぴちゃん天才!

長くなってしまったので続きは明日書きますね(^O^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

スターダム稽古場映像詳細

4 コメント

こんばんは。
毎日毎日暑くてイヤになりますね〜。

茹で豚なのか焼き豚なのか、いずれにしても、
歩く美味しそうな豚さんとなっている私です。
美味しそうなと書きましたが、せめて美味しそうであって欲しい願望含む(笑)

さて、そんな暑さもぶっ飛ばすスターダム稽古場映像きましたよ!

私を含め、見られない方が大多数でありましょうから、
スカステ環境にない方にもお裾分け致します。
字だけですけど、想像して楽しんで下されば幸いです(o^^o)

最初はオープニングシーンらしく、全員で
「ひたすら目指せ!スターダム」と歌い踊る場面から。
真ん中のちなつ君、初主演と思えぬ堂々とした真ん中ぶりo(^▽^)o

ちなつ君も素敵なんだけど、このオープニングのマイティ超カッコイイ!
パンツのポケットに片手突っ込んで踊ってるんだけど、
表情も凄く良いし、役の性格が垣間見える感じね。

最後全員の決めポーズの手前、一瞬下を向き、
パッと顔をあげて決めポーズするちなつ君がもうカッコ良すぎて泣けてくる(笑)
ああいうほんの少しの動作の一つ一つに男役としての絶対的センスがあるんだよね。
本当にちなつ君て男役の鑑!

で、ちなつ君とタソの会話シーン。
タ「勝ち残るのは簡単な事じゃないぞ」
ち「自分にできる事をめいいっぱいやるだけだ」
前髪茶髪、後ろ髪黒く刈り上げたタソ。
いつになく真面目なタソ二枚目風味。
ハリー曰く、ミックジャガーみたいな元ロックスターの役だもんね。

このシーン見る限り、タソ扮する審査員は、ちなつ君の才能に期待していて、
良き理解者でアドバイザーって感じだね。

次は茉玲さや那ちゃんと音くり寿ちゃんに囲まれ、
「番組のスケジュールだからね、最もその後はNYで缶詰だ」
と優し〜く甘く2人に話すマイティ。
ザ二枚目、人気者って感じ。

え〜素敵とか何とかキャイキャイする、さや那ちゃんとくり寿ちゃんが可愛い。
なんか双子みたいに似ているように見える。
花組伝統の可愛い娘役ちゃん達目立つお役だから頑張れ!

次は鞠花さんがマイティの事を、スターで財閥の御曹司で、
ファンもついているとちなつ君に語ってる。
なるほどなるほど。
恵まれた環境のマイティが皆の強力なライバルって訳ね。

パッと画面が代わり、ちなつ君と亜蓮冬馬君の会話。
つなぎを着てベリーショートの亜蓮君可愛いね〜。

この公演は若手がたくさん出ているのも楽しみの一つですよね!
人数が少ないのでそれぞれ活躍の場がありそう。

「修理工なんてやってる場合じゃねぇよ」とちょい悪ぶってる亜蓮君。
背伸びしてる感じが等身大でいいね。
「嫌いじゃない」と笑うちなつ君がちょっぴり先輩風で素敵。

で次は審査員の方々らしく、じゅりあ姐さん、冴月君らが、
「彼らの将来に繋がる扉を自ら開くんだ、今こそ」と歌う。
ベテラン勢が出てくると場が締まるし、何だかホッとするね。

で、次はオーディション参加者が一同でレッスンしてるらしく、
そのものズバリ、「歌レッスン」と言いながら歌い踊ります。

もうね、このシーンのちなつ君とマイティがカッコ良くて萌え死ぬよ(笑)

次はいきなりシリアスな場面になり、べーちゃんが亜蓮君に、
「知ってたんでしょ?盗まれた車だって」と問い詰めている。
「別に俺が盗んでくる訳じゃない」とうそぶく亜蓮君。
「知ってら同じ事よ!共犯よ」と更にたたみかけるべーちゃん。

どうやら亜蓮君なかなかの問題児みたいだね。
この場面のべーちゃん、問い詰めるというか言い聞かせる場面だからか、
いつものプクプク可愛いべーちゃんて感じより、綺麗なお姉さんて感じ。
目のお化粧変えたのかな?役に合わせて少しキツめの目にしてるのか?
いずれにしてもとっても綺麗なお姉さん❤

でまたシリアスちっくな場面が続き、悩んだ感じのちなつ君がタソに
「これ以上何をやるんですか!?」と訴えかけている。
「本気で可能性を信じろ」と答えるタソの背中が男前。

そして「全てを賭けよう、この胸に宿る憧れに届く日まで」
と歌いあげるちなつ君。
ちなつ君の歌もいいよね!
何だかわからないけど、そうだ!頑張るんだ!ちなつ頑張れp(^_^)q

続くマイティの場面が意味深なのよ〜。
「例の医者が居たろ!先端医療のスーパードクターが!
彼は何でも治せるんじゃないのか!?」とマイティが焦った顔で言っている。

「そのドクターがあと三ヶ月と仰って」と答える黒スーツの誰か(わからんかった)

えーーーーー誰か病気みたいだけど、ちなつ君!?
三ヶ月の命って…………。
ちなつ君の役かどうかはわからないけど、最後はどうなるのか?

で、喧嘩のシーンがあって仲裁するちなつ君。
意味はわかんない。

すぐ審査員達の場面になって、じゅりあ姐さんが、
◯◯を宜しくね❤最後まで残したいからみたいな事を言い、
それって反則だろと言いつつ、◯◯も宜しくねという冴月君。
審査員各自が思いれる候補者がいるみたいね。

からのちなつマイティのデュエット。
「後悔は虚しく、追憶も切ない」と歌っているが、どういう意味なんだろうな〜。

そして全員で、
「今漕ぎだせ揺れる小舟。あの岸辺に夜は明ける」と歌いあげる。
気合の入った表情なんで一幕終わりの場面かな。

続き、べーちゃんが真剣な顔で電話してる。
「どうしよう、殺されたりしたら」と話しているので、
推測するに亜蓮君に危険が迫ってるみたい。
盗人集団から足抜けしようとして拉致られてるとか?

で、ちなつ、マイティ、タソの会話
タ「2人ともわかってるのか?こっちはいいのか?」
マ「仕方ありません」
ち「貴方も友達を取った」

勝手な想像だけど、オーディション棄権してでも、
亜蓮君を助けにいこうとしてるんだろうなと思う。

そして又ちなつマイティのデュエット。
「例え気持ちがぶつかろうと必ず結果は違ってた」
うーむ。結末が知りたいわ〜。

芝居のシーンはここまで。

挨拶に出てきたちなつ君がカメラに駆け寄り、カメラに向かって指指し決めポーズ!
きゃーーーー!カッコ良いよぉ〜(#^.^#)

必ず見に来いよ!と言われているようで私うつむく(笑)

決めポーズの後、はにかんだように笑いながら手を振りはけるちなつ君を、
ヒューヒュー盛り上げる組子さん。
暖かい花組の雰囲気が伝わります。

最後は全員で、
「歌い続ける、願い続ける、それだけは変わらない」と大合唱。
みんなの笑顔が爽やかで、どういう内容であろうと、
見終わった後は幸せなホッコリした気持ちになるような気がしました。

とりあえず稽古場映像を順をおって書いてみました。
何となく内容の断片はわかってきましたね。
明日の初日が楽しみですね!!

って、行かれないんだよ〜〜うえーーーーーん。
見てぇーーーーよーーーーー!!!!

花組スターダム組、どうぞ頑張って下さいね!
皆様のご感想お待ちしてま〜す。
是非お裾分けお願いします(^O^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

本日柚希さんアカデミーナイトQ出演

14 コメント

こんばんは。
本日も暑かったですね。
皆様ご体調崩していらっしゃいませんか?
くれぐれも水分補給を忘れずお気をつけて下さいね!

というのも昨日チケット発券するという名目で、
日比谷をうろついて来たのですが、
同行した母が少し炎天下を歩いただけでグタっとなってしまったんです。
出がけに水を飲もうと思ったらしいのですが、
そのまま飲まずに出て来てしまい自分で気づかぬ内に水分不足になったらしい。

日比谷というだけで嬉しくなって、シャンテ地下のキャトルで、
母そっちのけであれやこれや物色していた私は全く気づかず(^^;;

紅子様の写真やら色々余計な物を買い込んで、
意気揚々と外で待つ母の元へ戻ったら、
真っ青な顔してグッタリ壁にもたれていてビックリ。

慌てて喫茶店に入って水分取って休んだら何とか復帰できたけど、
熱中症の手前だったかもしれません。危ないとこだった(~_~;)

母曰く特に気分が悪いのを我慢していた訳ではないが、
スーっと気が遠くなっていったとの事。
熱中症がどういう症状でどうなるのかよくわかってはいませんが、
自分で意識する間もなくバタンと倒れてしまうのかもしれません。

この位なら大丈夫というのも根拠のないものなので、
炎天下を歩く時は、飲料持参、帽子被るなど、
しつこい位手当をしてお気をつけて下さいませね(*^_^*)

タイトルなんだっけ?(笑)
あっそうだ、ちえちゃんだった!!(^◇^;)

皆様ご存知と思いますが、本日深夜1時49分から、
TBSアカデミーナイトQという番組にちえちゃんご出演だそうですよ。

プリンスオブブロードウェイの宣伝なので、
多分3分程度の録画メッセージだとは思いますが、
久しぶりの動くちえちゃんに会えます\(^o^)/

さすがにタイムリーに見るには夜中過ぎるので、
録画しておきました。

プリンスオブブロードウェイの稽古の為に渡米するちえちゃん。
そろそろご出発ですよね。
自炊もするし電車にも乗って、普通の生活を一人で頑張ってみる
とお聞きしてます。

レッスンに英語の勉強に暇な時間もないでしょうけど、
ブロードウェイミュージカル見たり、五番街でショッピングしたり、
宝塚生活ではなかなか味わえなかった自由を満喫して欲しいと思います。

私も恥ずかしくて書けなかったんですが、
実は英語の勉強を始めたんですよ〜(#^.^#)
ちえちゃんのブロードウェイ公演を追いかけて出待ちしたいから!
じゃないですよ(笑)

私が生きてる間の最後の日本開催であろう東京オリンピック。
その時日本にはたくさんの外国人の方が観光で来て下さるはず。
できればオリンピック会場や色々な所で、
たくさんの外国人の方とお話できるようになりたいなと思ったんです。

でも、学校入るにあたり試験があったのですが茫然自失とする結果(T . T)
全然英語できなくて中1英語から勉強ですテヘとは言ったけど、
さすがに中学英語は大丈夫だろうと思っていたら、
マジ中1英語からやり直しだった……………。

あんまり小っ恥ずかしいので、お手上げですねテヘと苦笑いしたら、
ニコリともせず先生に「相当覚悟が必要です」とキッパリ言われ撃沈。
誤魔化しが一切きかないようなので気合入れないとヤバそう。

どこまで続くかわかりませんが、とりあえず書いてしまえば、
続けるしかなくなる…………はず(⌒-⌒; )
ちえちゃんも頑張るなら私も頑張る!……はず(⌒-⌒; )

いつのまにか辞めてて以後二度と話題にしないという気もしますが(笑)
とりあえず頑張ってみようと思いま〜す。

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村