やっと見た月組仁。何様だけど許せるどころか良かった!

こんばんは。
皆様、明日はちえちゃんDS中継東京宝塚劇場分の発売ですよ!
お忘れなくね!
張り切って参加いたしましょう!!おおーーっ!!

チケットぴあとeプラスどちらが繋がりやすいか検討中。
何としても取りたい!頑張ろう!!
!!だらけであるが気持ちは!!!!!エンドレスである。
カスッた報告が聞きたいなんて言わないで応援してね(笑)

さて、今日は月組の仁について書かせて頂きます。
月組ファンの皆様には一部腹立たしい部分がございますが、
盲目ファンの戯言とお許し下さいませ。

私は音月桂さんの大ファンでありました。
それまでも好きではあったのですが、ロミジュリから一気に大大大ファンに。

毎日毎日、ロミジュリプロダクションノート見る、DVD見る、
録画した過去作品見る、一緒に歌うわ踊るわ、
桂ちゃん桂ちゃん大騒ぎしてました。

しまいにゃ旦那まで呆れ通り越し、プロダクションノートの歌唱レッスンで、
桂ちゃんと一緒に歌ってましたもんね。

そんな桂ちゃん祭りの我が家に衝撃の退団発表。
とてもショックでした。

最後の演目が仁となり、画像がupされた時のやりきれなさ。
仁は漫画もドラマも人気があったけど、私は見ていなかった。

内容知らない私にとって、漫画に合わせたんだろうが、
退団公演なのに何なのあの鬘は!あれで退団するなんて…という思いで一杯。
人気作品なんかじゃなくていいからさ、
桂ちゃんに合うオリジナルやってよと思いました。

でも蓋を開けてみれば、主題歌の良さも相まって、
退団公演らしい感動的な作品となっていた。

少し内容詰め込み過ぎだし傑作とまでは言えないとは思う。
でもその分、組子にたくさん役がついていて活躍の場があり、
退団者のみならず下級生ファンにも嬉しい舞台であったと思う。
少なくとも私には大好きな思いれのある作品となった。

現役を応援したい私は最近自分の防御作として、
退団した時点で、大好きなスターも思い出宝箱にしまうようにしてる。
桂ちゃんも大切な思い出宝箱に封印した。
つもりだった。

宝塚に再演はつきもので、それは是非この人であの作品が見たかったという場合、
とんでもなく嬉しい事だったりする。

だが、仁再演の発表見た時の私は、怒りで顔が真っ青になってしまった。
早い!いかになんでも再演が早すぎる!!
桂ちゃんの退団から一年たってねぇんだぞ!
思い出宝箱にしまったからってこちとら忘れ去ってる訳じゃねぇんだよ!
舐めてんのかこらぁ!
退団公演の思い出を踏みにじるんじゃねぇ!
(いつも下品ですみません 汗)

とまぁ、誰に怒ってるんだかわからないがひたすら怒りまくってた。
再演は初めから決まっていた事なのかもしれないし、
月組さんには全く迷惑な私の言いがかり。

そんな事はわかっていても許しがたい気持ちでいっぱいで、
録画だけはしたものの月組版仁を見る事はできなかった。

昨日音月さんの十二夜を前に思い出宝箱から桂ちゃんを取りだし、
久しぶりに仁を見た。
すると不思議な事に無性に月組版が見たくなったのである。

存在自体なかった事にしてきた月組版仁。
最初こそ斜めに構えて見たものの、
ちゃぴちゃんの笑顔でもうやられた。早っ。秒殺やん(笑)
ちゃぴちゃんの透き通る歌声に凍った心も溶解。
その後は素直な気持ちで楽しんで見る事ができた。

雪組の配役がこれ以上ないと思うほど私的には神配役で、
あれを越える事はないと思っていた。
でも、月組配役も素晴らしかった。

まず何と言ってもちゃぴちゃん。
みみちゃん咲が大好きだったけど、ちゃぴちゃんの咲も良い。
可愛くっていじらしくて、医学を学ぶ矜恃がりりしくまさに嵌り役。
みみちゃんを1番と思う気持ちは変わらないけど、
みみちゃんの退団公演でなければ、ちゃぴちゃん咲が1番と思ったかもしれない。

坂本龍馬コマ。
ちぎちゃん龍馬に泣かされた私としてはこれも思い入れ深い。
沙央龍馬は化粧からして実にイメージ通りの龍馬だった。
ちぎ龍馬とは別物として思いっきりはまった。
パックの時も思ったが何て芝居巧者なんだろう。
こういう芝居上手い人が専科で残ってくれて良かった。
宝塚が学芸会にならないのは専科の方の力も大きい。
是非月組以外の舞台でも早く活躍して欲しい。

勝麟太郎 光月るう。
るうさんの上手いって事はわかってたが、みっちゃんが演った役。
プレッシャーもかなりあったのではないかと勝手に推測するが、
期待を裏切る事ない好演ぶり。
みっちゃんをお手本に役作りしたかなと思う部分もあったけど、
それは全然悪い事ではないし、ちゃんと光月勝麟太郎になっていた。
何をやらせても大丈夫という安心感のある人だよね。
次の1789でも活躍してくれるだろう。

橘恭太郎みやちゃん。
これも初演がまっつだからね。まっつのイメージで凝り固まってるし、
みやちゃん大好きな私でもどうかなと思ってた。
でも1番初演と違うイメージで見られたかもしれない。
恭太郎の生真面目で凛とした武士然とした雰囲気。
兄としての優しさも十分感じさせつつクールで照れ屋。
みやちゃんのカッコ良さにやられっぱなし。
ファンの贔屓目抜きにしても配役ばっちりだと思った。

役が多いし、長くなってきたから全員に触れるのはやめるけど、
結論として、雪組の思い出を踏みにじるどころか、
歌うま揃いの月組の仁は耳に優しく、芝居も皆好演で、
大変見応えのある舞台となっておりました。

再演して貰って作品が忘れ去られなくて良かった。
見る前とは180度違う感謝の気持ちで一杯になりました。

多分今だからこそ、真っ当に評価できたと思うので、
今まで見なかった事を後悔してはいないのですが、
万一私と同じような気持ちでまだ月組仁を見ず嫌いなさってる方が、
もし居たとすれば是非見て欲しいと思います。

肝心の仁まさお君については好演してると思います。文句ないです(笑)
ここだけは桂ちゃんの思い出いっぱいなので敢えて抜きました。
ごめんなさい。

まさお君の髪型だけど、あれで良いんだったら、
桂ちゃんも似合わないような中途半端なちょんまげ鬘じゃなくても良かったのに。
何だか残念で悔しかった。
まさお君があの鬘被らなくて良かった。

あれ被ってカッコよく見える人おるん?あれ強制した人誰よぉ。
変な鬘に白衣に地味な服で退団の桂ちゃん思い出すと今でも腹立たしいわ。
仁は好きだけど退団公演は豪華な衣装が良かったな。

本日もお読み頂き有難うございました。
明日ちえちゃんDS中継チケット参戦なさる皆様に、
チケットの神様が微笑みますように!!

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です