花組melodeia。リフトいるんか?

皆様こんばんは。
お寒い日が続きますね。

今日は寒いのでお鍋にしよう!と水の中に野菜と肉をぶちこんで、
すっかり料理した気になる日々を過ごしております。

もちろん昆布入れただけで味付けのすべては具材とポン酢頼り。
具材までほぼ毎日同じだというのに、
今日のお鍋美味しいねという旦那が哀れな気がする(;^ω^)

もしや、あれは嫌味というものなのだろうか?
まぁ上手いと言ってんだから細かい事は気にしないで、
明日もお鍋にしてあげようっと(笑)




前にも書きましたが、先日私の夢の中に登場し、「ねぇこれどうしようか?」と、
悩まし気なお顔で言ったみりお君。

どんな夢かは覚えてもいないのに、
食いつきたくなる位・・・あっすみません。
むしゃぶりつきたくなる位・・・度々すみません。
守ってあげたくなるようなみりお君の可愛いお顔だけは目にやきついています(#^^#)

新源氏物語ではそんな切なくも麗しいみりお君を堪能。
藤壺を思って身をよじるみりお君が美しくって、藤壺どころか、
悲しい身の上の女性達にも嫉妬メラメラ。
ひどいめにあっても私もお手付きになりたいものよのぉと羨ましく思いました。

これはショーもかなり期待できるとワクワクしましたが、
案の定、みりお君の美貌にやられてしまいまひた。綺麗過ぎる~💕
トップになってからのみりお君て男らしさが増して逞しくなりましたよね!

逞しくというと語弊がありますが、一見可愛い容姿でフェアリー感満載なのに、
結構男らしい風味をかましてくるというか、甘さだけではない魅力に溢れています。
私の中で可愛いというよりカッコ良いの方へ変化してきました。

ダンスも決めの部分に迷いなくキザリをぶちこんでくるので、
目の前で見たらケロッと口から何かを出してしまいそうな位心臓圧迫されると思う。

私はみりお君のハスキーで潤いのある艶っぽい声が大好きなのですが、
歌唱力があるので、ほんと目だけでなく耳も心地よい限り。

100周年を経てトップも代替わりし、気が付けば就任歴は短いながら、
みりお君のトップ就任の長さが上から二番目になっています。

この作品をみりお君で上演したいという気持ちにさせるのか、
再演物が多いという印象があります。

それ自体は悪い事ではないし、
宝塚の伝統を守る重責を任せられるという信頼があるのだと思いますが、
もっともっとオリジナルも含め、長く見ていたいと思うトップさんです。

ファンタジアは海外向けというのもあって、ここまで酷使していいの?
と心配になるほどハードな内容のショーでした。

今回のメロディアはそこまでみりお君にハードな内容にはなっていませんが、
出番の中ではかなり踊るし歌うし大活躍しています。

私は宝塚の男役を男として見てもいないので、男女差に心底まで拘ってもいませんが、
やはりデュエダンなどでは一応男と女であって欲しいと思います。
現実離れした美しいカップルを見るのが大好きです。

女と女にしか見えないデュエダンでは色気がないと思うのですが、
その男女に見せるやり方がリフトだけとは全く思いません。

まぁみりのように体格差が丁度良く、リフトが何より美しいというものなら、
是非とも毎公演お願いします!と思ってしまいますが、
それでも負担が大きいから毎公演でなくてもいいよという気持ちになるのに、
何故みりお君には毎回リフトさせるのか少々疑問に思っています。

これを書くといつも、
みりお君がヘタレと言っているように思われるのではないかとか、
花乃ちゃんがデカいからいけないと言ってるようになるんじゃないかとか、
みりお君ご本人にしたらホントそういう余計な心配しないでという感じだろうとか、
色々考えてしまいます。

花乃ちゃんやみりおんちゃんが限界ぎりぎりまでお痩せになっているのを見ると、
娘役さんとしての矜持を見るようで凄いと思うのですが、
単体として見た場合、プチプチ弾ける若さが失われそうで痛々しい気持ちにすらなります。

宝塚の何が好きって綺麗で迫力あるリフトが好きよと言って憚らないけれど、
リフトがマストとは思わない。

今回のリフトが良くなかったというのではなく綺麗に回っていましたが、
両トップさんに大きな体格差がない場合、どうでもリフトを入れる必要はないんじゃないかと
改めて思った次第です。

みりお君に二度とリフトをさせないでなんて思ってませんし、
できればまたいずれ見たいと思うけど、たまにご褒美程度に見せて頂ければ私は満足です。

宝塚の売り物の一つですから、毎回リフトを入れて欲しい派の方も多いと思います。
どちらの気持ちもあるので私も言い難いものがあるのですが、
長くトップを続けて頂くにはあまり無理をさせない方が良いと思うんですよね。
気持ちがあっても身体を壊せば続けられませんもん。

何かそこが気になってしまって感想そっちのけで記事書いちゃいましたが、
今回のリフトが良くなかったとかでは絶対ないです!
綺麗に円を描いて回っていて優雅でしたよ(*^-^*)

メロディアの感想はまた書かせて頂きたいと思います。
では皆様、ごきげんよう(^O^)/

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓


↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

10 thoughts on “花組melodeia。リフトいるんか?

  1. らき様、こんばんは。
    怒濤の花組感想ありがとうございます。
    とっても嬉しく、どの記事もうんうん頷きながら拝見しています。
    前のめりなコメントになりそうですが、お許し下さい。
    明日海さん、男らしくなりましたよね。
    毎回どんどん男くさくなって来るなぁ…と、私も感じています。
    それもあって、舞台挨拶のほのぼのした、ふわふわみりりんとの落差がより広がり、さらに萌えが滾るのですが…!
    本当にね、私を殺す気か?!…と毎度つめ寄りたくなります。
    実際に詰め寄ったら、その勢いでこりすちゃんをぎゅ〜っと抱きしめて、あっという間に警備員に連行されると思いますが。
    そんな己の姿が、目に浮かぶようです…。(あかんやろ )

    リフトは、私も無理に入れなくて良いと思います。
    体格差のないカップルや、上級生トップさんだと、無理せずリフト以外の表現で素敵なデュエットダンスを魅せてくれてますよね。
    宝塚の正統派を目指している明日海さん、その気概が伝わってきます。
    その意気込みもあって、リフトを採り入れる事に前向きなのかな…と推察しています。
    もし、絵に描いたような正統派路線にこだわるなら…明日海りお最優先で考えるなら、おのずと対応策の選択肢は限られてくるでしょう。
    柚希礼音さん去りし今、宝塚の至宝は明日海りおと申しても過言ではないはず。
    明日海さんは、柚希さん並みの責任感と情熱を秘めた男役トップスターだと思います。
    劇団経営陣には先々を見据え、より明日海さんの負担を軽減する方向で配慮して頂きたいと願っています。

    • シエスタ様、こんばんは!
      みりお君凄く良かったですよ~!!
      少し声が掠れたところがあったので風邪が心配です。
      東京寒いんで体調にくれぐれもお気をつけて頂きたいと思います。

      みりお君のダンスってノーブルで綺麗に踊るという感じでしたが、
      凄くカッコ良くなってきましたよね。
      前はやりたいけど少し恥ずかしい部分もあったのか、
      トップスターのダンスという見せ方に変わったのか、
      良い意味でくささが出てきましたし、キレもあると思います。
      花組に来てダンスが凄く良くなったと思います。
      トップに就任して激務をこなしながら尚努力を怠らない姿勢が素晴らしい。

      リフトに関しては私もご本人の意向なんだと思います。
      宝塚の男役としての基本とお考えになって積極的に取り入れたいという、
      みりお君ご本人の希望があるのかな~と思うんですが、
      就任直後ではないのでそろそろ全入れしなくてもいいかなと思います。

      とにかく生真面目でこうありたいという思いが強い方かと推測するのですが、
      あまり型に縛られなくとも解放したところに新たな魅力も出ると思うんですよね。
      ダンスも多分どこかでご自分を解放なさって思い切りの良さが出たと思うので、
      これからも伸び伸びと無理をせず長くトップでいて頂きたいと願っています。

      劇団側もみりお君には宝塚の看板としてまだまだトップでいてほしいはずなので、
      スケジュール含め色々ご配慮お願いしたいですね。
      あんな逸材を早々に退団させたら宝塚の損失ですよね。

      先日はサンケイの貸切でしたのでご挨拶を聞くことができました。
      マジ可愛い、マジ綺麗と内容が頭に入ってこないほどガン見してました。
      若紫との絡みが源氏として心安らかな場面で大好きと仰っていましたよ。
      あのふんわりしたご挨拶がみりお君の魅力の一つで私も大好き!!
      ご挨拶が見られて超ラッキーでした。

      ブログの更新を楽しみにしております。
      お身体に気を付けて頑張って下さいね(*^^*)

  2. こんばんは。

    過去のリフトから考えると、スムーズにリフトができるコンビとは、2人ともある程度ダンスの技術が優れており、なおかつ2人の呼吸が合っているという2つの条件を満たしていると思います。
    体格が逆転していてもすんなりリフトができる「のるゆり」とか典型的ですよね。
    わりと最近だと、「ちえ琴」のリフトが宣伝で流れていた時に「ちえねねのリフトはかなり無理をしていたんだなぁ・・・」と思った記憶があります。
    体格は琴ちゃんの方がねねちゃんよりもがっしりしているのでしょうが。

    みり花乃は2つの条件の両方を満たしていない上、体格差もほとんどありません。
    みりおさんご本人は日々やる気に燃えていらっしゃると思いますが、物理的に無理があることは周りがとめるべきなのでは・・・と思います。

    • りつ様、こんばんは!
      星奈さん、琴ちゃん共にダンスの名手ですので、
      乗るのがお上手なんでしょうね。
      花乃ちゃんもダンスが下手ではないし、
      お痩せになって負担を減らそうと努力していらっしゃるように見えますし、
      みりお君もとても頑張っていると思うのですが、
      どうしても無理があるように感じてしまいます。

      昔天海さんがよしこちゃんをお姫様抱っこで銀橋を渡る際、
      無理させないでという苦情に対し、できるからやっているのだから、
      心配しないでという話をしていた事がありました。
      みりお君ご本人も同じように思っていらして、
      無理があると言われる事を悔しくお感じになるかと思うのですが、
      男と女が違うように持って生まれた骨格はどうにもならないものです。

      義務のようにリフトを入れる必要はなくて、
      たまには見せてやる位勿体つけて良いのではと思います。
      演出、振付の方の工夫次第で何とでもなるはずなので、
      今後は一考して頂けると良いなと思います(*^^*)

  3. らき様
    おはようございます。リフト場面は数々あれど、やはり大階段前のトップコンビのリフト場面は注目度が更にアップされますね。レビューなどは、ダンス場面だけでも体力を消耗しますが、娘役リフトとなると、わずか数分、数秒でも体力的に大変だと思います。その後、トップとして時には10キロもある大きな羽を背負って大階段を最後におりてくるわけですからトップスターのお疲れ度は、想像を絶する物だろうと思いながら観劇しています。

    リフトされる娘役もいくら体重が軽いといってもやはり相当毎公演、少しでもトップの方に負担がかからないように気をつかわれているようですし、リフトは、やはり大変なんだと思います。

    とはいえ、やはりトップコンビのリフトは、やはり見ごたえがあるので、劇団とても演出としても取り入れたい場面かもしれませんが、客席で観劇している私たちが、ハラハラするリフトは(千秋楽まで大丈夫かいな 腰は大丈夫かいな)と心配する時もあります。でも、トップとしては、相手役をリフトする場面もあると想定して舞台をつとめていると思うので、日頃から体力作りや体のメンテナンスをしてコンディションを整えているのかもしれませんね。私もらき様やシエスタ様と同意見ですし
    劇団も場面に出演する生徒の事を第1に考えてレビューを制作してほしいですし、それが選ばれしトップスターの夢の舞台を長く楽しめる一つでもあると思います。来年は、102周年をむかえる宝塚歌劇団。来年も楽しみですね。

    • ハナモモ様、こんばんは!
      みりお君のリフトが下手と言ってるようになっても困るし、
      ご本人は不本意だと思うのですが、私は毎回はいらないよと思うんですね。
      娘役さんの乗る技術に左右されるらしいので、
      花乃ちゃんはとても頑張っていると思うのですが、
      体格差がない分支える方もやはり力がいるだとうと思うんですよね。

      犬を抱いても腰が痛いのに人間をクルクル回すとなると、
      身体への負担が積み重なってくると思われ、
      長くトップでいて欲しい私としてはあまり無理を重ねて欲しくありません。
      ご本人の意向があっても周りがある程度配慮していかないと、
      トップの寿命を縮める事になりかねないので、
      今後もう少し考慮して頂けるといいなと思います。

      リフトなくてもため息出るデュエダンてありますよね。
      みりお君と花乃ちゃんなら素敵なダンスを作れると思うので、
      工夫次第なんじゃないかなと思います。

      再演物が多いというのはみりお君への配慮があるのかもしれませんが、
      私としてはもっとオリジナルで悪いみりお君が見たいです。
      来年も各組楽しみな作品ばかりでまた宝塚通いで一年が過ぎそうです。
      ハナモモ様もたくさんご観劇できると良いですね(*^^*)

  4. らきさん、こんばんは。

    確かに、観ていて素晴らしいと思いますが、心配しながら、リフトを見るのもな。と思います。

    エスメラルダの際に、宝塚では、リフトをしていて、東京では、リフトをしなかった。と言う事を、宝塚を観たお知り合いから、聞きました。
    エスメラルダは、激しい踊りが多いですし、ちぎさんの痩せた姿を見たら、賢明だと思います。
    全ツの映像を観るに、少し痩せたかんじが、ゆるやかに感じたので、安心しましたが。

    皆さまのご意見に、賛成です。

    • こもも様、こんばんは!
      みりお君ご本人はそういう心配される事が不本意だろうなと思いますが、
      見ている方はちょっとドキドキしちゃうんですよね。
      二人とも頑張っているのにリフトやめれというのは、
      リフトが下手だとけなしているかのようで、
      言い難いものもあるのですが、そういう話ではないんですよね。
      女が女をリフトするのですがら、
      無理があって当然なので毎回入れる事もないかなと思います。

      雪のラではムラであったリフトが東京ではありませんでした。
      私も英断だと思いましたし、リフトなくても見応えある3組デュエダンでした。

      私としてはみりお君にできるだけ長く続けて頂きたいので、
      たまに大技見せてあげるでいいんじゃないかと思います。
      それでなくてもトップさん方は人一倍ハードなので、
      ご本人の意向もあるとは思いますが、
      周りの方が考慮してあげて欲しいと思いますね(*^^*)

  5. らき様〜

    私も、リフトについては全く仰るとおりです。
    真咲さんも、全ツのHOBでとんでもないリフトをしていて、たぶんそこで腰を悪くされたのかと思います。まあ、ちゃぴが大きすぎるというのもあると思いますが、それ以降もあまり負担のないリフトはしてました。クリタカからは一切しなくなりました。それでいいと思います。

    やらないというのも大きな決断だと思いますが、まぁみりの、あれくらい身長差体重差があるコンビがくるくるとやっているのを見るとやっぱり、「おお」と思ってしまうのも、哀しいところです。

    メロディアのリフトは、私は、これならやらないほうがいいかなぁと正直思いました。みりおちゃんは小柄だし、長くトップをやる人なのだから、絶対に無理させないほうがいいと思います。

    もっと劇団は、体調管理という面において、しっかり厳格にやらないと、男役という資源をずたずたにすると思います。

    • ぷりぷり様、こんばんは!
      リフト大好きなんですけど、何も義務のように毎回入れることもないし、
      たまに見せてやると勿体つけても構わないんじゃないかと思うんです。
      体格差がないリフトはご本人達がなんぼ頑張っても、
      どうしても見てる方はハラハラしちゃいますし、
      失敗でもしたらアンチに格好の餌を与える事になりますよ。

      男役の中にもリフトが得意な方もいれば、負担が大きい方もいるでしょ。
      トップに画一的な事を課す必要は全然ないと私は思うし、
      男役も女性なわけですからあまり無理をさせない方がいいですよね。
      まさみりには歌という武器があるのだし、リフト以外にも色んな見せ方があると思います。

      ご本人の希望に沿うというのはあるでしょうが、疲弊させては元もこもないので、
      周りがしっかり考慮して頂きたいと思いますね。
      あの子はリフトもできないみたいな事を言われる可能性もあるけど、
      小柄な男役さんは意地でもリフト入れ込んでこなくちゃならないなんて変。
      宝塚のお家芸ではありますがトップのリフトをマストにする事はないと思います。

      まさみり語る会議のご報告の更新を楽しみに待ってますね(^O^)/
      大いに盛り上がって来て下さいませ!

Comments are closed.