月pの思惑はどこにある?

再びこんばんは!
私の大好きなブロガーさんが、月全ツの激情を嘆いておられた。

私も同様になぜ今たまきち君とちゃぴとで激情なのだ?
という疑問を禁じ得ない。

激情というのは、宝塚に於いてトップ同士ががっぷり組む事によって、
安心してウハウハしながら見られる作品ではないかと思う。

タイトル通り、激しい思いをぶつけ合う男女の話を、
相手役が決まっているトップ娘役が、
他の男役と組んで上演するタイプの内容ではないと思う。

まだ私のようなちゃぴ大好きな人間は、違うコンビにも興味を持つ事ができるが、
かと言って、手放しで是非見たいとも言い難い。
まさちゃぴコンビが好きなファンにとっては鼻白む思いがするでしょう。

たまきち君を一気にあげてくる理由は、
やはりまさお君の去就とも多少関わりがあるでしょうが、
そのブロガーさんも仰っていたように、
同時にアリちゃん上げも目論んでいるからと推測できる。

たまきち君もアリちゃんも上げるべきスターだと思うし、
月組の番手ぼかしも終わりにするべき時期にきてるとは思う。

だが、こう一気に意表を突くやり方で上げるというのは、
興味をひきはするが、大きな反感も呼ぶと思うのだが、
月pさん、宝塚上層部さんは、それも計算の上で勝算ありという事か?

たまきち君の全ツは良いとしよう。
まだ二番手でもない人が月組の看板背負って全国回るのも良しとしよう。

トップ男役さんと組むという立場によって成立してるはずのトップ娘役が、
(私は娘役の自立は推奨だが宝塚の娘1には命題があるとも思っている)
他の男役と全国回るのも良しとしよう。

だが、どうしても納得いかないのが、作品だ。

私はたまきち君はとても良い男役だと思っているが、
もしもう少し努力ポイントがあるとすれば、
匂い立つような男役の色気の探求かなと思う。

たまきち君は後二年もすれば絶対もっと自然に色気が湧いてくるはずなので、
早期就任反対したくなっちゃう訳だが、
激情をやる事によって強引に色気を引き出させようという試みなのか?

今やるよりもトップ就任後の人気固めにお相手役と上演した方が、
激情という作品を活かせて、たまきち君にとってもお得な気がしますがねぇ。

私は宝塚の内部事情を全く知らないので想像で書きますが、
生徒さんには拒否権ないと思うんですよね。

トップ男役さんには多少意見を聞く場合もあるかと思うけど、
それでもせいぜいA、B、Cの内どれがやりたい?位なんじゃないかと思うの。

ましてや、下級生の男役や娘1には、意見を聞く事すらあるやらないやら、
じゃないかと思うんです。

でもね、そういうの有り?と思う時、矢面に立つのは、
対象の生徒さん達になるわけですよ。

生徒さんを生かすも殺すも劇団次第だと思うんです。
生徒さん達の心の機微まで気にしていたら、
劇団運営なんかできないかもしれません。

どこの世界でも切磋琢磨、立ち位置レースはあるもので、
結果は結果として甘んじるしかないのはわかる。

でもさ〜宝塚って利益追求しつつも、利益第一主義と思わせない、
生徒さん思いを感じさせるところが、
他の劇団と違うアットホームな良さじゃないですか。

今回のやり方はどことなく反感買うやりかたに思えちゃうんですよね。

そういう事を繰り返し、今の100周年があるわけで、
さすがによくお考えでいらっしゃると後あと納得する場合も多いんですが、
今回の発表にはまだその先の思惑がハッキリとは見えません。

月組さん、宝塚にとって、この試みが吉と出るよう、
生徒さんの頑張りを応援したいと思いますが、
月Pさんや上層部さん、まさか話題になったぜと鼻高々してませんよね?
だとしたら、私はちょっと違う気がします。

私には、たまきち君にとって嬉しいはずの話なのに、
何だかたまきち君が可哀想だし、たまきち君ファンの方も気の毒な気すらします。

ファン全員を納得させることは無理としても、
もっとこう何というか柔らかい感じの方向になんなかったのかなぁ?

代案あるわけじゃないし、将来的な展望考えあるわけじゃないから、
ただの文句、ボヤキなんですけどね。

生徒さん方にはただただ余計な事を考えず、目の前の課題と戦い、
ベストな舞台を見せて下さるようにと祈っています。
頑張って下さいね!!

取れなかったあのチケットが見つかるかも
↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

4 thoughts on “月pの思惑はどこにある?

  1. お久し振りです。
    その節は、退院祝いのコメントありがとうございました。
    とても嬉しかったです♡
    御礼が遅れて、申し訳ありません。

    私も、そのブロガーさんの愛読者です。
    ご自分の意見を率直に表明される姿勢は、らきさんと共通していますね。
    今宵も記事を拝読し、胸が痛みつつ、どう言えばいいのか…と考えあぐねていました。
    そんな混沌とした気持ちの多くを、らき様が代弁して下さいました。
    ありがとうございます。

    推測ですが、私も宝塚の生徒さんには上演作の提案権や拒否権は、ほぼないのでは…と推察しています。
    男役トップスターも、らきさんの推測と同じく、せいぜい限定的な選択肢を提示され、それについて希望を述べる程度ではないか…と。
    それでいて、売上には責任の一端を負わされるのでしょうから、厳しいですね。

    珠城さんが立たされる過酷な立場は、想像に難くありません。
    かつての天海さん、明日海さんのお姿が脳裡をよぎります。
    全国ツアーは決定事項なので・今さら逃げられません。
    なので・全国ツアーの後、組替があればな…と。
    もう少し、じっくり熟成させてあげてほしいと願わずにいられません。

    珠城さんは、いぶし銀のような男らしさを持つ「宝塚の高倉健」になれそうな男役さん。
    そんな不器用で朴訥な漢・珠城りょうから、いずれ湧き立つであろう色香は、他にはないものとなるでしょう。
    裏を返せば、どれほどかっこよくても、色香が足りないままでのトップ就任は、本人にも観客にも辛いものがあると思います。

    • シエスタ様、こんにちは!
      あらためましてご退院おめでとうございました\(^o^)/
      退院後、精力的にご観劇なさっているご様子で安心しておりますが、どうぞあまり無理をなさらないようご自愛下さいね!

      たまきち君の素朴な健全な色気に、もう少し妖しい感じが加わると今以上に素敵な男役さんになられると思うので、早期就任にはちょっと反対なんですよね。

      いずれトップになる方なるべき人材だと思うので、最高に旬の時になって頂けると嬉しいんですが、旬を自分から作っていかねばならない場合もありますよね。
      早期就任となると、負担が大きいと思うけど、たまきち君なら何とかしちゃうんだろうなという期待もあります。
      頑張って欲しいですね!!

      たまきち君が宝塚の高倉健には笑ってしまいました。
      うんうんわかります!d(^_^o)
      妖しい色気と高倉健じゃ言ってる事が一見矛盾しているように思われるかもしれませんが、自分の中では凄く繋がってるんですよ(笑)
      いぶし銀の中には色んな色気が含まれますもん。

      私は今回の全ツは激情じゃない方が良かったと思う派ですが、ベテランの域に入ってるちゃぴなら安心して冒険できるでしょう。
      皆の注目を浴び、一歩も二歩も先に進めるチャンスなので、ぜひ頑張って頂きたいと思います(o^^o)

      いつも楽しくブログを読ませて頂いております!!
      更新大変でしょうが、頑張って下さいね(^O^)/
      いつかムラに遠征できたら語り合いたいですね!

  2. こんにちは。

    経験不足な若いスターの全ツを成功に導くためには(ヅカファンの間では)知名度が高い演目を選ぶのが有効だと思うのですが、知名度が高い演目の内このタイミングで再演可能なのが激情(もしくは、激情を含むいくつかの選択肢)だったのかもしれないと思いました。
    また、過去の全ツでも「なぜこの演目!?」となったことが複数回あることから想像すると、全ツの演目は仮に選択肢ABCがあったとしてもそのABCが「微妙な演目・マズイ演目・かなりマズイ演目」なこともありえる気がします。

    月組は過去に天海祐希さんの異例のスピード出世で一応成功を収めました。
    その結果、月組の人事に関して権限を持っている人がファンの意表を突くやり方に味を占めた、もしくは「無茶をやっても何とかなるさ」と軽く考えるようになった可能性もあると思います。
    主演娘役不在やら準トップやら色々繰り返しているところをみると、人間は過去に味わった蜜の味をそう簡単には忘れられない生き物なのかも・・・。

    • りつ様、こんばんは!
      天海祐希大ファンだった私でも当時のゆりちゃんは早く上げすぎ!と思いました。
      でもゆりちゃんは早々に退団を考えていたフシがあるし、
      何と言ってもスター性が半端なく、若い内に就任が似合うタイプの人でした。
      男役としては成長する余地があったけど、
      男役というよりスターという括りの人だったと思うので納得できる。

      ゆりちゃんは、音楽学校首席入学の時から、
      いや今受けたら合格しちゃうから一年レッスンに励めと受験を先生に止められた時から、
      きたる将来に向けて、かなりメンタル鍛えられていたと思うんですね。
      だからあの凄まじいプレッシャーに耐えられたんでしょうが、
      なかなか真似はできないし、させたいものでもありません。

      たまきち君とゆりちゃんじゃ持ち味全然違うのに、
      同じような事する必要なかろうにと疑問に思います。
      たまきち君が好きなんで順を追って成長させてあげたいです。

      組み替え、落下傘、スライド、
      まだまだ何があるかわかりませんので戦々恐々です。

      全ツは予算、セットなど縛りがキツそうですが、
      上演可能な作品他にもあったんじゃないですかね〜。
      何で激情なんでしょうね?
      もうちょっとたまきち君寄りの作品ありそうなのに。
      じゃ何がいいと思うんだと言われるとわからないんですが(~_~;)

      「微妙な作品・マズイ作品・かなりマズイ作品」(笑)
      何かツボ入って爆ウケしちゃいましたd(^_^o)
      そういった作品群の中で選んだ、
      まだたまちゃん寄りのマシな作品だったのかもしれませんね(^◇^;)
      面白いお話有難うございました(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です