超適当デスノート感想

こんばんは。
今日は一切宝塚情報に触れられていないので、
先日観劇したデスノートの感想を適当に書こうと思います。

手元にチラシ一つ置いておらず、記憶だけで書きますが、
既に忘れかけているので、本当に適当です(^^;;

私が見た日の夜神月(ヤガミライト=キラ)役は浦井健二君でした。
その他の主な配役
L→小池徹平
死神リューク→吉田鋼太郎
死神レム→濱田めぐみ
ライトの父→鹿賀丈史
ミサミサ→唯月ふうか
後はわからん(笑)

デスノートは映画しか見ておらず、原作も知りませんので、
特段思い入れもなく行きました。
ワイルドホーンさんが作曲している新作ミュージカルなので、
少しだけ興味があった程度。

この書き出しでおわかりと思いますが、全然期待してなくて(⌒-⌒; )
何故私は行くんだ?みたいな乗り気のノの字もない状態。

で、まぁ見てやっかというメチャクチャ上から目線で(笑)観劇。

結論から言いますと、なかなか面白かったです!
1番気に入ったのは何と小池徹平君。

私がこのミュージカルの配役を見た時に、ハァ!?となったL役。
映画の松山ケンイチ君のイメージが強かったのと、
小池徹平君がミュージカルで歌える訳?という疑問で、
それはないだろと失礼にも思っていたのです。

濱めぐさんや浦井君が出るから何とかなるだろうけどさ、
恥かいたらどうすんの?なんて酷い事思ってた。

イヤイヤとんでもない。
小池徹平君のLが凄く良かったんですわ。

まずビジュアルが(顔とかでなく)いいです。
原作しらないから松山君L比になりますが、遜色ないどころか、
とても雰囲気あるし、前屈みの姿勢や仕草の一つ一つが上手かった。
動きが軽やかだし、台詞も聞き取りやすい。

浦井君がミュージカル畑なので歌はお墨付きですが、
引けを取らないお歌で心底びっくりしました。
良い意味で期待を裏切って頂き、見た甲斐ありと思いました。
私好きになっちゃいました。単純(笑)

浦井君は王子様系っぽいイメージですが、
ライトのお子ちゃま俺様エゴイストな感じが出ていて、
最後の方は特にニクったらしくて良かったですね(笑)
歌は文句なしですが、浦井君動きが少し固いです。
何気ない動きをもう少し自然にできたらいいね。

小池君と浦井君が一緒に歌う場面は迫力があり、
声もとても綺麗に共鳴していてハモリが良かったです。

死神リュークの吉田さん。
この人が自由自在に舞台をあやつっているというか、
この舞台の肝と言っても過言ではない。

歌も良かったし、とにかく上手いし面白い。
アドリブばんばんで、浦井君他みな良く耐えてたね(笑)
私なら絶対つられて笑ってしまうわ。

もう一人の死神レムの濱田さん。
一幕目はオープニング位しか出てきませんが、
二幕目の見せ場はキッチリ魅せてくれるし聴かせてくれます。

保坂千寿さんからの四季の歌唱は独特のコブシがあると思うのですが、
濱田さんも毎度コブシが入ってますよね。
私は大好きなので聴き入りました。
押し出しも良いし、出るだけで見る価値あると思える方です。

鹿賀さんは一時ご体調が悪く、休演なさったり降板なさったりで、
大丈夫かなと心配していましたが、お元気そうで安心しました。

こういう重鎮は存在感だけでもう良しと思うのですが、
昔に比べると声量はないし、台詞に癖があり過ぎるし、
鹿賀丈史という看板がなければ、なぁに?あの人というところです。
四季の頃から好きで見ている方なので少し残念に思います。
でも好きなので存在感がある!でok出しちゃいますね。

唯月ふうかさんという方を存じませんでしたので、
えらいいい役だけど、どこの子?と思ったら、
ピーターパンをおやりになる方なんですね。
一幕目は可愛い声だし歌もそこそこ程度に見てましたが、
二幕目はとても良かったですね〜。
十字架に張り付けられて拷問されてる場面は感動的でした。
濱田さんとの歌も堂々と渡り合ってました。

ライトの妹役はどなただったのか、こちらも良い役でした。
今流行りのアニメ声のお嬢さんでしたが、
歌もまずくはないけど大役抜擢の意味がわかりませんね〜。
見た目も全然だし、何故あの子なのか理解に苦しみました。

アンサンブルが思いの外大人数で、この舞台の制作に力入ってる感じです。
セットはごくシンプルですが、映像使ったりするところは凝ってます。
曲は主題歌だと思う曲が頭に残るメロディで好きでした。
その他の曲も良かったのではないでしょうか。

エンディングは少し蛇足感があり、短い時間なのに飽きがきました。
演出家の栗山さんの演出があまり好きでないので、
後から演出家確認して、
ああそうだったのね、やっぱりねと思ってしまった(^◇^;)
なんちゃって〜。
それほど栗山演出見てる訳でもないのに偉そうにすみません。

絶対観た方がいいよ!とまで薦める舞台ではないですが、
見て損はない面白い舞台です。

どうしてそこまで舐めてかかったのか、自分でもわかりませんが(笑)
どうせ原作人気にあやかった、
やっつけ感ある安普請なミュージカルだろと思ってたので、
侮れない舞台だな、してやられたぜと感服致しました。

何ならもう一度柿澤君ライトも見たかったなと思いました。

追記
このデスノート13000円もします。
音月さんの十二夜も12000円もしました。
その価値はあったと思うのですが、
外人の方に作曲や演出を頼むと割高になる感じあります。
外人さんにお願いしなくても最近のミュージカルは高いですね。
そこいくと、ナポレオンをギュル何とかさんにお願いしても、
S席8800円を保つ宝塚は偉いと思いました。
いつもセットも衣装も豪華で出演者も多い。
宝塚は日本一コスパの良い舞台だと私は思ってます!!

でも何回も見るので破産しそうになります(T . T)
チケット取れないのでヅカに関係ない他人様に、
ベラボーな花代つけてる場合もあります(笑)
そう意味で自分的コスパは最悪で〜す(^^;;



↓↓↓よろしかったら押してくださいネ↓↓↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

にほんブログ村

6 thoughts on “超適当デスノート感想

  1. らき様 こんにちは!
    先日は 急にだったのにありがとうございました。
    デスノート よかったとのことで何よりでございました(^_^)あんまり期待しないで行って 良かったり 役者さんが素敵だったりすると得した気分になりますね!!わたしも以前に観た舞台で 大泉洋さんが背が高くてカッコいいーとびっくりで それから好きになりました。でもなによりも 生で観る迫力はすごい力があるものだと思います。だからもっと安く 観られるようになるといいですね!!

    昨日 黒豹を観に行ってきました。らき様にいろいろ説明していただいたおかげで ストーリーや人物関係など ほぼ把握して観ることができました。ありがとうございました。しかし話がわかっても 面白くなったわけではなくて…途中ツラいところも やっぱりありました(-ω-;)
    ショーは 本当に楽しかったです!今回 1階8列のはじっこと初めての一桁台で 花道も近くて出入りする度にいちいち興奮♡ 客席下りでは かわいい娘役ちゃんに手を振ってもらえたし イープラスの貸し切りだったので れおんさまのご挨拶もあってで 目いっぱい満喫してきましたo(^▽^)o
    また 妃海風ちゃんが上手だなーと思ったり 紅さんの魅力に気づいたりで 次が楽しみ!と思えて こうして更にはまっていく訳なのねーと嬉しいような 恐ろしいような気持ちです(°°;)
    次は わたしはライブビューイングです。発券したら座席が200レベルとかって よくわからないことが書いてあって…イープラスの人も完売ですと言ってましたが 一体何人くらい集まるのでしょうね!?スクリーンだから ちゃんと見えますよね!?
    盛り上がりましょうね!楽しみです(≧∇≦)b
    長々と失礼いたしました。

    • みぃ様、こんばんは!
      先日も同じ日のご観劇、しかも一列後ろという凄い偶然。
      ビックリしましたね〜。
      こちらこそお会いできて楽しかったです。
      お声かけて頂き、どうも有難うございました!

      昨日星組行かれたのですね。いいないいな。
      4回も見る事ができたのに、まだまだ満足した気持ちになれません。
      生ちえちゃんをもう見られない寂しさで一杯です(T . T)

      黒豹は二回見ると話がわかってきますよね。
      誰が何の話をしているのかという基本のところがわかり難い。
      それがわかっても、特にちえちゃん達が何を活躍するでもなく、
      紅子様が横恋慕して、ヘッドハンティングに失敗して、
      嫉妬されて殺されちゃうってだけ(笑)で面白くはないのよね。
      ちえちゃんの男役芸を堪能して下さいねというお芝居でした。

      昨日は8列花道近くだったのですね。
      私も8列花道近くで見ましたよ!取れるお席まで近い(笑)
      客席おりもあるし、とても楽しかったでしょうね\(^o^)/

      花道の下級生の方を見ていると、気づいて微笑んでくれる事が多く、
      センターは見づらくなりますが私は花道近くの端席好きなんです。
      取ろうと思って当選できませんが、私割りとあの辺当たるんです。
      遠くから見る舞台とまた一味違う世界がありますよね。
      楽しいご観劇になったようで良かったですd(^_^o)

      紅子様の魅力に開眼して頂きましたか!おお嬉しい!!
      ね、ね、素敵でしょう〜。素敵なんですよ〜(笑)

      千秋楽中継のチケットはまだ引き換えてなくて、
      自分がどの辺の席かわかりません。
      席がわかってもピンとこないですよね(^^;;
      もしかしたらまたスッゴイお近くの席になるような気がします(笑)
      当日は思いっきり盛り上がりましょうね!!

      • 黒豹の ウチの娘の感想は「なんかよくわからないけど れおんがカッコいい」でした(´`:)結局 それなんですかね。

        花道のはじっこの方にいる下級生さんたち ライトもあんまり当たってないのに 一生懸命歌って踊ってて 見ていたら 涙が出てきてしまいました。目があったような気もします。あと 銀橋にいる れおんさまの汗が飛び散るのが見えて 一生懸命やってくれてるんだなーとまたまた涙でした。

        すみません!もういっこ語っていいですか?
        黒燕尾とデュエットダンス 素敵でした~。お衣装も音楽もシンプルで空気感で魅せるとでもいうのでしょうか。黒燕尾で 大階段から男役さんたちが降りてくる音が聞こえた時は ぞくぞくしました。デュエットでは ねねちゃんの努力もいっぱいあったんだろうなぁと思いながらうっとりと見ました。
        黒燕尾からのデュエットダンス いつもあぁもう終わっちゃうーと思いながら見ますが今回は特に強くそれを感じました。

        らき様 いつもわたしの拙いコメントに 暖かいお返事をありがとうございます。嬉しいです。
        お席 本当にまた近くかもしれないですね!!楽しみにしてます。

        • みぃ様、こんばんは!
          一番端っこの下級生まで誰も手を抜く事なく頑張ってて、
          いつも感動してしまいます。涙目になりますよね!
          初見の方を連れて行くと皆さんジェンヌさんの一生懸命さと、
          宝塚の華やかさ、レベルの高さに驚かれます。
          その度にドヤ顔してご満悦な私です(笑)

          みぃ様、目が合ったような気がした場合、
          そのまま微笑みあった位まで昇華させて信じ込んで下さい。
          世界が変わります(笑)
          私は音月さん千秋楽のサヨナラショーで、
          音月さんが泣いている私にうなづいたと信じてますっ(^◇^;)

          ちえちゃんDSの中継の時と、今回の公演で、
          ちえちゃんと目が合ったとも信じ込んでますし、
          紅子様も真風君も私を見て笑ったとも信じてます^^;
          もう痛い感じになってますけど信じた者勝ちですよ(笑)

          黒燕尾からのデュエダン最高でしたよね〜。
          あの少ない振付でも美しい2人のデュエダン。
          ウットリしながら毎回涙で見ていました。
          黒燕尾で男役さんがザザッと階段を降りてくるのが大好き!!
          どの公演でも鳥肌がたってしまいます。
          今回はちえちゃん退団という事もあってか、
          一糸乱れず綺麗なフォーメーションで圧巻でしたね。
          ああ、書いていたらまた星組ロスが〜っ(笑)

  2. らき様、こんにちは。
    デスノートは原作ファンです。
    どれくらいファンかと申しますと、連載中は毎週ジャンプを読んでいたほど…(苦笑)
    私は、月(ライト)贔屓でしたが、Lとの頭脳戦がすごく好きでした。
    一時的に記憶を失ったライトが、Lとタッグを組んで事件解決するエピソードや、あの一連のシークエンスは大好きでした。

    小池徹平くん、吉田鋼太郎さんと魅惑のラインナップでしたが、今は宝塚関連に資金も時間も体力も集中していて、デスノートは諦めました。
    らきさんの観劇評を拝読し、「やっぱり観たい」と思いつつ、我慢、我慢…。
    我慢しきれるでしょうか……いやいやいや、我慢ですっ。
    かなめ様大阪ライブ、宙組王家、花組ベルばらと控えてますしね。

    • シエスタ様、こんにちは!
      デスノートファンでいらしたのですね。

      私は映画だけだったので、藤原竜也に松山ケンイチのイメージで、
      小池君も浦井君もピンとこなくて。
      でも舞台は小池徹平君と吉田さんがとても良くて、
      今までの小池徹平君のイメージがひっくり返りました。
      可愛いなんて微塵もなくカッコ良かったですよ。

      小池君と浦井君がテニスを通して探り合いをする場面があり、
      見たことないけど、テニミュってこういう感じの事やるのかなと面白かったです。
      小池浦井の迫力は見所の一つです。

      私星組演ってる中、何故トチ狂って乗り気でもない癖に大金払って行ったのか??
      多分日本初上演という言葉に弱いんですな(外部キャッチミーしかり)
      原作とどう違うかはわからないのでヘタにすすめられませんが、
      面白い舞台になっていましたよ。
      いつかTVでやらないですかね?たまに舞台中継やるから期待して待ちましょう。
      かなめさんライブ行かれるのですね!ぜひ感想聞かせて下さいね(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です